はじまりは月商5まんえん

販売×製作のプロ。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。お金の話題を中心に出張族ならではの旅情報も時々書きます。

自社製品の生産リスクを回避したい理由

こんにちは。キッチュナの佐藤なこです。

クラウドファンディングの挑戦はお陰様で昨日100%を達成いたしましたが、残りの期間はネクストゴールとして+15万、計40万円を目指すこととなりました。

 

7/25時点で皆様にご支援いただいている金額で賄えている内容と、不足している金額の内訳は以下となります。

 

*達成金額255,000円*

・クリエイターズ・トリップショップの出店料、宣伝費 94,000円

・作家への返礼品代 90,000円

・Readyforへの手数料 50,000円

・自社製品の生産費用 21,000円【約10万円が不足】

 

10万円の不足に対し、ネクストゴールが+15万円であるのは、作家への返礼品代とReadyforへの支払い手数料を考慮してのことです。

 

ここで言う自社製品とは、私のオリジナルブランド「nacoknit∞(ナコニット )」と「kittyuna-キッチュナ-」の商品です。

 

nacoknit∞の生産は、私がサンプル製作した物を、地元郡山の内職さんにパーツを編んで頂いて、最後に私が仕上げをしているメイドインジャパンの一点物シリーズと、ネパールの内職さんに生産をして頂いている少し廉価な量産シリーズと分けて作っています。

f:id:hajimari5:20180725141050j:plain

 

f:id:hajimari5:20180623171023j:plain

 

 

f:id:hajimari5:20180629190417j:plain

 

kittyunaの生産は、当店で取引のあるブランドを手がける日本の作家さんと私がデザインして、作家さんに製作して頂いているコラボレーション商品です。

f:id:hajimari5:20180629190901j:plain

f:id:hajimari5:20180529153328j:plain

 

これらは生産した時点で工賃が発生するため、売れるまで在庫として負担しておかなければなりません。

 

私はトリップ型(出張販売)セレクトショップkittyuna-キッチュナ-としての販路と実績を持っているため、自社製品の製造数が増えれば、ゆくゆくは安定した収入に繋がることが予測されますが、生産した時点で在庫を持つことのリスクは今の私にとって厳しいものとなっております。

 

そこで、2018年秋冬の販売出店予定の一つである「クリエイターズ・トリップショップ」にて販売を予定している分の自社製品生産費用もクラウドファンディングで賄うことが出来れば、私は企画運営により集中できる環境が整います。

 

私のプロジェクトを支援して頂くことは、どの費用に充てることになっても、私の奥にいる全国の作家さん達への支援に間接的に繋がっています。

 

どうぞあと5日間ではありますが、皆様のお力をお貸しください。

 

今日掲載した画像の商品は全て10,000円〜15,000円の返礼品セットに含まれています。

readyfor.jp