はじまりは月商5まんえん

販売×製作のプロ。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。お金の話題を中心に出張族ならではの旅情報も時々書きます。

未達成の場合どうなるかの話

こんにちは。

1ヶ月あまりに渡ってチャレンジしていますクラウドファンディングの資金調達ですが、いよいよあと7日となりました。

今日現在の達成率69%(あと1%惜しい!)です。

ご支援のご購入を頂いてる皆様、本当にありがとうございます。

 

このチャレンジがなぜ必要か、達成したら何に資金を使わせて頂くかなどは、Ready forのプロジェクトページに記載されてますが、今日は「もし達成しなかった場合、今後キッチュナとナコニットがどうなるか」について書きたいと思います。

 

これは、未達成の場合のみ、ご支援頂いたお客様や、当店の顧客様、お取引先様に説明すればいいと思っておりましたが、もし未達成になった時に、

 

見ているだけの方の中で「そんなことなら支援の購入してあげたのに」とか、

ご支援頂いている方の中で「追加支援入れてあげられたのに」とか、

「もっと誰か個人的に紹介してあげたら良かったね」などと思わせるのが申し訳ないので、今日お伝えすることにしました。

 

今後のことについてはお取引先様がいらっしゃることなので一概に私の一存で決められることではないですが、私の意向としてや、状況としてこうならざるを得ないということですのでお間違いのないようお願いします。

 

未達成の場合。

キッチュナのセレクトショップ業務とクリエイター企画業務は年内の既に確定している仕事を持って完全撤退となると思います。オリジナルブランドとショップ名として名前だけ残します。

これは、25万円も集められない人間が作家の支援をしたところで、大した支援が出来ないと思うことと、それだけ地元にキッチュナ という存在が必要とされてないことの現れだと思うからです。

 

さらに、ここ1年ほどかけて売上の比率をセレクトショップメインから、自社製品(nacoknit∞とkittyunaと作家コラボ)メインに移行しているところですが、その移行がしきれないうちに、自社製品の製造数を縮小せざるを得なくなる=販売数が激減する=ビジネスとしては続けられなくなる=趣味レベルの作家になると思います。

これは、私がこの1ヶ月クラウドファンディング達成のためにかけてきた時間と労力に対しての給料が0円どころかマイナスになるため、移行期間中でそれを補填することが出来ないので、別の仕事を始めることになるからです。

 

キッチュナもナコニットも少し前までは副業としてやっていたことなので、私としては別にお金を稼ぐ手段を持ってまたアパレル仕事は副業にすればいいかとも思ってますが、多分お客様が悲しまれるし、きっと私もなんだかんだ悲しいと思います。

 

今よりもっと稼いでいたけど休みがなくてお酒に溺れていたときや、男の人にお金を出してもらって生きていた時より、今の方が毎日心が豊かなことは確かです。

私がキッチュナ とナコニットで自分を養って親に仕送りを送ってちゃんと生きていることは、私の若い頃からの夢だったからです。

 

私が最近あちこち出かけていろんな人に会っているのは、いやらしい話かもしれませんが、分かりやすく言うと営業の一環です。私が今どこにいて、何をしているか、何をしようとしているかを知って頂くためにたくさん人に会っています。

 

私が4年間地元を離れていたこともあって、それにはお金も時間もかかっています。

本来50万集めたかったので、達成しても25万ギリギリだと結構悲しいことになりますが、そこは長い目で見ていて、そういうことを出来る人間だと分かってもらうことが未来につながると信じています。

 

日本の地方にいる女性は、特に金銭面に関して自分から与えるという感覚がない方が多いですよね。そういう社会の体質の中で生きてるから仕方ないのですが。

私は本来奢るのも好きだし、みんなで楽しむためにお金を使うのが好きです。

だから、クラウドファンディングで資金調達するというのも、お金を人様から恵んでもらう立場という感覚になってしまうので、本当はすごく嫌でした。

早くまた人のためにお金を使える立場に戻りたいのです。

 そして地方で作家をやる方でも、そういう女性が増えて欲しいと思っています。

良いことも悪いことも、ちゃんと自分で責任を背負える仕事が出来る大人。

私がこうやってもがいて一人で色々やっていることが、きっと誰かの役に立つと信じてこれからも頑張ります。

 

readyfor.jp