はじまりは月商5まんえん

販売×製作のプロ。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。出張族ならではの旅情報や私の周りの素敵な仕事人も時々紹介します!

組織化する仕事の話

先日、クラウドファンディング返礼品でも協力してもらっている「書く女(書家)」陽華ちゃんとご飯と営業がてらの作戦会議をして来ました。

f:id:hajimari5:20180706205910j:image

安積町にある一軒家レストランの「さんじょう」さんへ。陽華ちゃんに以前連れてってもらってヘルシーおかずたくさんのご飯がとっても美味しいので、また行きました。

 

陽華ちゃんが先週末出ていた東京、白金のイベントのパフォーマンス動画を本人の解説付きで観せてもらったり。

10月郡山駅前MOLTIさんで開催予定の「クリエイターズトリップショップ」の出店やアートブースをどうするかなどの作戦とクラウドファンディングのご支援をいかに集めて行くか策を練ったり。

そこから発展して私がかつてオーガナイズしていた「アッパーチー(帽子がドレスコードのUpper Life Partyの略)」的なぶち上げパーチーをまたやりたいね!という楽しい妄想まで行きました。

 

f:id:hajimari5:20180706204922j:plain

 

何かを成し遂げようとする時は、一人でやっているようでも一人で出来ていることなんて実はほとんどなくて、今回のように何人もの人に関わってもらうことは尚更です。

でも、関係者全員にゴールが何処かと言うことを見せて、尻をひっぱたかなくても自分たちで走りたくなるようにワクワクする道程を設定してあげるのは、オーガナイザーの役割だということを、私はアッパーチーから学びました。

 

今日、Readyforの担当キュレーターさんと電話で経過報告させて頂く中でも、どうやったら関係者の人達が〈一緒に〉楽しく協力したくなるだろうと言うことを一緒に考えてもらいました。

相手に伝わってないと感じた時に「なんで分かってくれないの」は絶対に思ってはいけなくて、「どうやったら伝わるのかな」にフォーカスを当てなければなりません。

そしてその手段は相手によって変えなければなりません。

 

それが組織を作ると言うことです。

 

私は私の出来ることと、一緒に働く人達にしてもらいたいことをしてもらえるような仕事の仕方を考えて進めて行きます。

 

↓新着情報で返礼品出品作家さん達の製作秘話がそのうち出てくることを期待して一緒に待ちましょう^^ 

readyfor.jp