はじまりは月商5まんえん

販売×製作のプロ。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。出張族ならではの旅情報や私の周りの素敵な仕事人も時々紹介します!

強い敵と闘うときの孫悟空の気持ちを忘れない話

ナコニットです。今日はドラゴンボールの話を延々と書く回ではありません。

いよいよ明日6/27の11時から、クラウドファンディングReady forを使っての資金調達の挑戦が始まります。

https://readyfor.jp/projects/kittyuna

 

目的は私がいつも懇々とお話ししております、作家のビジネスレベル底上げに繋がる企画「クリエイターズトリップショップ」へのご支援お願いしますっていう話なのですが、その辺は公開しましたらリンク先にも書いておりますので、今日は一足先に、魅力的な返礼品と、そちらを提供して下さる日頃からお世話になっているデザイナーさんやアーティストさんについてご紹介します!

 

ちなみにご支援は3,000円から50,000円まで様々な種類をご用意しております。

普段はレディース商品がメインの当店が男性の支援者様にも使っていただけるお品を頑張って出しておりますので、ぜひ最後までお読みになってください。

 

まずはみなさん大好きな札幌のチョークアーティストHanaeちゃんです。

f:id:hajimari5:20180626182928j:plain

はなちゃんからは、今回のご支援の返礼品に全てにお付けできるグリーティングカードをご用意頂きます。今日ちょうど返礼品のデザインラフ画も拝見しましたが、はなちゃんとキッチュナのコラボ的な素敵なデザインなので楽しみにしていて下さいね。

 

2人目にご紹介するのは、私の地元福島県内で活躍の「書く女」陽華ちゃんです。

f:id:hajimari5:20180626183705j:plain

陽華ちゃんは郡山駅前のS-PALさんや、今回の支援金の主な用途であるイベント「クリエイターズトリップショップ」会場のMOLTIさんはじめ、各所での書道パフォーマンスや展示やお仕事でお見かけしたことある方も多いと思います。アーティスト業をきちんと仕事として成立させられている、地方では非常に貴重なお方でございます。

 

そんな陽華ちゃんからは、「あなたの好きな言葉を書いてポストカードに」してくれるという贅沢なオーダー権をご用意して頂きました。

f:id:hajimari5:20180626184642j:plain

ちなみにこれは4月に某百貨店さんでのポップアップ出店時に書いてきてくれた、私の帽子格言です。こんな風にインテリアとして飾ったら素敵です。

 

3人目は、そんな陽華ちゃんの御用達ブランド、仙台の仕合わせ堂さんです。

f:id:hajimari5:20180626185204j:plain

f:id:hajimari5:20180626185234j:plain

仕合わせ堂さんは前回のクリエイターズトリップショップにも出店してくださりました。現在は仙台のチャレンジショップで実店舗も運営されています。

今回は陽華ちゃんの書くポストカードオーダー権と仕合わせ堂さんのくちびる型ポーチなどをセットにした私的には「陽華セット」を15,000円の返礼品として限定5点ご用意しております。

 

4人目は各地のトリップショップで個性的な帽子がお客様の心を鷲掴みにしているKUMINさんです。

f:id:hajimari5:20180626185809j:plain

f:id:hajimari5:20180626185832j:plain

今回は、ご試着できなくても選びやすいバッグとストールをご用意頂きました。

それぞれ10,000円と30,000円の返礼品セットに入っています。

どれも一点ずつのため、気になる方はお早めにお申し込み下さいませ。

特にストールは芸術的で風合いも良く、他にはないデザインが魅力です。

プレゼントにも素敵です。発送時にはギフトラッピングでお送りさせて頂くことも可能です。

 

 

5人目は、こちらも寒い季節の東北、北海道のトリップショップで大人気のカシミヤニットブランドnaocoさんのスヌードです。

f:id:hajimari5:20180626190450j:plain

f:id:hajimari5:20180626190513j:plain

1枚目と2枚目同じ商品です。

1枚目こんなにフワフワしてるのに2枚目こんなにキュっとなるのです。

色はブラックやネイビーもあるので、男性もマフラー代わりに良いです。

薄手なのでコートやジャケットの中に入れてもモコモコしないのが良いのです。

naocoさんのカシミヤは昨年だいぶお買い上げ頂きましたので、当店の顧客様もたくさんの方にご愛用頂いておりますよね。

スヌードは私も別のデザインを愛用していますが、「軽い・チクチクしない・ラク・気持ちいい」とあって、外出時に巻いて出かけて、あまりの軽さと気持ちよさにおうちの中でもそのまま使ってしまっております。

小さいお子さん連れでのお出かけや和装でのお出かけの時にも活躍します。

15,000円の返礼品セットでお好きな色をお選び頂けます。

 

6人目は郡山のお客様もクリエイターズトリップショップの出店ですっかりおなじみになりました、東京の帽子作家mamecoさんです。

f:id:hajimari5:20180626191327j:plainf:id:hajimari5:20180626191352j:plain

マメコさんの帽子も可愛いのですが、ご本人もセンスも可愛いやら何言っても笑ってくれて優しいやらで、私も私のお客様もマメコさんのこと大好きすぎますよ。

マメコさんも郡山のパンチ効いた感を楽しんでくださり、大都会東京から東北のシカゴ(私は東北のウィーンなんて言いません)郡山市へ半年に一度すっかり出張してくださっております。

f:id:hajimari5:20180626192137j:plain

そんなmamecoさんからは黒のハットが30,000円の返礼品セットに入っています。

レディースサイズ、メンズサイズをお選び頂けます。メンズで愛用されている方も多いデザインです。中折れハットが好きな方はお好きだと思います。

こちらのハット、出店時には他の色や柄も出ているデザインですので、10月のクリエイターズトリップショップで他の色柄も見たい!実際に試着して見たい!という方には打って付けの返礼品がございます!逃しませんわよ。

 

f:id:hajimari5:20180626192733j:plain

10,000円の返礼品と50,000円の返礼品で、10/5~9に郡山駅前MOLTIで開催される「クリエイターズトリップショップ」会場で使えるそれぞれ5,000円と20,000円のお買物券が付いた返礼品セットもご用意しました。

上で紹介したmamecoさんのハットは2万のお買物券あれば余裕で買えますから、お選び頂くのは5万円のご支援ですね('A`)

 

ちなみに30,000円以上のご支援には、全て当店サイトと「クリエイターズトリップショップ」ポスターへの企業名または個人名とサイトを記載させて頂きますので、社長さん達には3万円以上のご支援がお勧めです。今回の支援金は寄付ではなく商品の購入になりますので領主書も発行可能です。税金のあれこれは、これ以上は詳しく書きませんけど。

 

最後に、私のニットブランドnacoknit∞の超貴重な返礼品をご紹介して終わります。

f:id:hajimari5:20180626193448j:plain

「あなたの描いたイラストから世界でたった一つのニット帽子を作ります」オーダー権を、限定5名様で50,000円のご支援セットに入れました。

これはお子様サイズも男性も女性もどなたでも頭のサイズに合わせてお作りします。

デザインにもよりますが、ニットなので伸縮性がありますので、通常はお子様でも2シーズンは被って頂けます。

 

注意点:

・オーダーの打合せで直接お会いしてのご相談かメールでのご相談が必要になります。

・あくまでも帽子(被り物)のみです。

・動物用は専門でないので、人間の帽子を動物サイズにするしかできないと思います。

・他人が見たらなんだか分からないレベルのイラストでも私なりの読み取り力で良ければ帽子に出来るので、小さいお子さんの描いたイラストも可。

・出来るだけクリスマス時期には間に合うように製作するつもりでおりますが、5点マックスでご購入いただいた場合は、先着順で対応するようになるため、4番目以降のご注文は年明けになる場合もあります。

 

近年めっきり量産でニット帽を生産している身としますと、正直けっこう大変な仕事にはなるのですが、でもお客様も私も一番楽しい仕事になることも間違い無いのがこの返礼品です。

 

きっと私も想像つかないようなデザインを持ち込まれるんだろうなあ、と思うとワクワクします。

 

ここでタイトルの悟空の話題がやっと出ましたね!

製作の仕事もそうですが、私にとっては初めてのクラウドファンディングでの資金調達も大きなチャレンジです。

私が利用するReadyforは、目標金額に1円でも足りなければ、頂いた支援金が1円も頂けなくなるシステムです。

まずは目標の25万円をクリアしなければ、私自身も、協力してくださってる作家さん達も、Readyfor株式会社さんも、支援を選んでくださったお客様も、全員に何も残らなくなってしまいます。

 

私が今までやって来た「日本の作家業界を稼げる仕事にする」支援が、間違っていなければ、きっとちゃんと達成されるものだと思っています。

もし達成できなかったら、今までの私も今の私も余程のアンポンタンだったんでしょう。

 

Hanaeちゃんが「クラウドファンディングの挑戦楽しみですね!」と言ってくれました。私も今となってはチャレンジを楽しめるようになりつつあります。

 

ちなみにReadyfor経由しての支援のやり方がよく分からない、めんどくさい、忙しい、でも支援はしてあげるという方には、3,000円一口として、3口以上で郡山市内なら私が回収…じゃなくて集金にお伺いし、代理購入させて頂きます。

あとは、7/30のプロジェクト終了日までに出店予定の東京の「マルシェ・ド・シャポーTOKYO展」福島県須賀川市おしゃれ劇場での「ワノコトマルシェ」その他どこかでちょうど直接お会いできた方は3,000円のご支援から承ります。

 

返礼品への愛が強すぎて一度に書く量じゃない量を投稿してしまいました。

こんな長文を最後まで読んで頂いた方は支援して下さる方達ですね、いつも本当にありがとうございます。

支援者さまも最後まで一緒に楽しんでいただけるチャレンジに必ずします。

 

明日からどうぞよろしくお願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/kittyuna