はじまりは月商5まんえん

ニットデコレーション製作×帽子売り×クリエイター企画。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。出張族ならではの旅情報も時々出します!

今後のこと

こんにちは。

作家のためのビジネススキル養成担当ナコニットです٩( 'ω' )و

 

f:id:hajimari5:20180221214826j:image

 

今年から私個人の働き方改革を本格的にしております。

 

「趣味ではなくビジネスとして認められる作家の養成事業」もその一環ですが、昨年はやはりファッション業界のトップシーズンに入るとそれどころでは無くなってしまいました。

 

昨年くらいから優先順位の変化があったので、4年続けた出張多過ぎて家がない生活を止めようと徐々にシフトしています。

 

そういう中に私の気持ちが変化していても、もっともっとがむしゃらに働く私が見たい人もいるようで、色々勝手な願望や思い込みを私に伝えてくる人もいます。

 

でも近くでここ何年かの私を見てきた人は、もう休んで良いよと言って下さいます。

 

私もそう思っての決断です。

 

何かを変える、止めるときに、それが逃げにならないと自分で納得できるまでは踏ん張り続けないと後悔することを私は20代のときに経験し知っています。その人間が40手前にして何かを止めたり変えようしていると言うことが、何を意味するか理解して頂きたいものです。

 

私の中で出張多過ぎて家がない生活になるきっかけとなった作家関係の仕事をした4年間の中で、消化しきれてない思いがあります。

 

それを消化しようと先日思いつきで人生初ヨーロッパとなったポルトガルに行って、美しいものをたくさん見て、毎日教会の鐘の音を聞きながら眠り、わくわくしながら早起きする、とても素敵な毎日を過ごして来ました。

 

でも、日本に、郡山に帰って来たらほぼ毎日が地獄の感情との闘いでございます('A`)

 

たくさん悲しくて辛くて苦しかったことを思い出します。それと同時に、これから自分が一人で背負わなければならない物事の大きさを考えて恐怖で泣きたくもなります。

 

これは、私が今まで背負って来たものの実情を書いて消化して浄化しないと、私の今までして来たことが無かったことになってしまうのかな、と薄々思っています。

 

そんなわけでこれから、その業務の最中にいる時には吐き出したら周りの社長たちに絶対、「そんなの止めなさい」って言われるのが分かるから、それくらい儲からなくて時間ばかり取られて負担ばかり背負うものだったから、言わずにたった一人で背負って来た思いや経験を、少しずつ書いて消化して行きたいと思います。

 

勘違いしてほしくないのは、もしネガティブな話題があったとしても、それを誰かのせいにしたいとか、犯人探しをしてほしいとか、一緒に陰口言って欲しいとかではありません。私が自分の頭で考えて、自分と自分の周りに必要だと思ったから、作家業界にとってそれが必要だと思ったから、他に誰もやりたがらないのが分かってたから、だからやって来たことです。

 

私の経験をシェアすることによって、それが出張族を止める私の新たな生活の糧に少しでもなってくれたら本当に有り難いし、日本のどこかの作家さんが勉強してくれたり、同じ位の志とステージで仕事している作家さんが励まされるものになれば嬉しいです。

 

そしてここには書いていませんが、私が今年の始めに立てた目標が私に相応しいものであって、それを受け取るに相応しい人間であってほしいと願います。

 

f:id:hajimari5:20180221215728j:image