はじまりは月商5まんえん

製作×企画営業の作家ビジネスに携わって数年。はじまりは月商5万円の趣味作家から。

この世で一番面白い仕事

f:id:hajimari5:20171121131500j:image

 

注文した毛糸第一便がメーカーさんから届きました。1月札幌出店に向けての商品用。これは約30点分くらいの量です。この他に毛糸作家さんに注文している毛糸もやって来ます。

この毛糸たちは仕様書を作ったら外注さんに振り分け、戻って来た物の最終仕上げを私がして商品になります。最近の生産方法はコレですが、来冬に向けてまた改善しなければならない点があります。生産数の問題ですが、生産数を上げて急な依頼にいかに対応出来るかを改善しつつも、在庫を極力抱えなくて済む方法を取らなければなりません。

そういうことを常々考えながらお金を回して行く。私はニット帽を作ることを一応仕事にして10年以上経ちますが、今思えばその大半はずっと趣味に毛が生えた程度のものでした。会社員を辞めてからも帽子の仕事は趣味的に税金対策としてやっていました。いつの間にか趣味の比率が大きくなって、ちゃんと仕事にしないと生活出来ない状況になり、ここ一年真面目に向き合ってみたところ、なんて儲からないことや無駄なことをしていたのだと言うことが浮かび上がって来ました。

それを改善したくてもすぐには出来ないので、とにかく目の前の仕事を懸命にやるしかありません。それをやっていると、どんどん問題が浮き彫りになり、それを解決し、ということが積み重なります。積み重ねたものが私の経験実績として数字に結果が表れて来ます。少しずつですが売上高は上がり、今年の年商は年初めに予想した通りの数字が出る見込みです。当たり前なのかもしれませんが、今までその当たり前が出来なかったのです。だって帽子の仕事は趣味と税金対策だったから。何事も真面目に取り組めばこんなに面白いのですね。

来年は働き方を変えるため、いかに利益率を上げるかが課題なので、既にその準備を色々と進めており、毎日色んな計算をしています。

そんな今の私が感じるのは、事業が大きくなるというのは、小さいことを毎日コツコツ積み重ねて行った結果、ただそれだけなのかな、と思います。そこには見た目ほどの華やかさはなくて、地味で根気がいることに孤独な中で向き合って、苦しかったり悔しかったり悲しかったりすることが会社勤めの何倍もあるけど、それを一気に覆せるくらいの楽しさや嬉しさや喜びがやり甲斐と共にやって来るのかな、と思います。こんなに辛くて楽しくて面白い仕事は、自分にとってはこの世に他にないと思うのです。

趣味に毛が生えた程度の仕事レベルでも、長くやって来てるのそれなりにメリットもあって、今の仕事をこんな風に捉えられるようになったのは、10年以上【製作×販売】に仕事として携わったお陰だと思います。お陰で、今となっては自分のジャンルでは競合は地元には居ないと思っているので伸び伸びと仕事が出来ています。自分が作家をやりつつ作家商品を集めて帽子中心に1週間で100万、200万の数字を地方の売場で叩き出してくる女はそうは居ません。それは私が集める商品と作家さんが寄せ集めではないことを意味します。寄せ集めにならないのは、私が預かった商品で必ず売上を出すと思われているからです。だから私はどの現場でも売り続けなければなりません。それは苦しいことではありません。世の中のお金の流れの中の末端にでも自分が乗れていることは面白い以外の何でもありません。

物が売れない時代にちょっと結果を出したからって調子になんて乗らないこと、調子に乗って大量生産して大量の在庫を抱えないこと、作家は旦那さんに養ってもらえる女の人のお遊び仕事ではなく、それで家族を養える側にもなれる仕事に育て上げること、必要な人に必要な分のお金が回ること。

それが私のやりたいことです。