はじまりは月商5まんえん

ニットデコレーション製作×帽子売り×クリエイター企画。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。出張族ならではの旅情報も時々出します!

断捨離

f:id:hajimari5:20180507195627j:image

 

心無い人達の良いところを無理して見つけて、妥協して関わるのを止めると今年から決めて、日々注意しながら生きているのですが、今までの癖でついついあまり良くない縁も掴んでしまうみたいです。

 

一人変な人が来ると立て続けに寄って来させちゃう空気はそんなに簡単に変えられないみたいで、今日も一日何度も、普通は起こらない変なことに巻き込まれて仕事の邪魔をされました。

それだけ多くの人と関わって来た人生だったってことで、有り難かったんだとも思います。

 

でも、もうそれ止めてるんです。

 

14年間積み重ねて来た、私の社会人人生とも言える仕事の関係者の数は、本当の良い人もそうでない人もあまりに多過ぎて、年内いっぱいは人間関係含めての断捨離になると思いますが、挫けずに大切な人だけを大事に出来る人生になるよう強い意思を持って取り組みます。

 

誰かと関わって親切そうにすることで自分のステージを上げようとするような卑しい人達は、私と私の周りの本当に大切な人達にはもう要らないので、サヨナラするのを決めているのです。

 

 #ゴーゴーニットちゃん

#はじまりは月商5まんえん 

作家と仕事するということ

こんにちは。

ニットデコレーター兼出張セレクトショップ店主兼クリエイター企画のナコニットです。

 

私のようなスモールビジネスは、誰からも敵対されないくらいの、ちいちゃい商売なので明け透けに話します(^^)

 

セレクトショップの長年の赤字は、他の営業や自社製品の売上で補填するような、言わば税金対策でした。

 

一番好きな仕事はセレクトショップの仕事でした。どうしてももう一度、それ一本で仕事しないと自分自身が納得しないと感じ、一年間だけと決めてやってみました。頂ける仕事は基本断らずにやって来たので、なんやかんや2年近く経ってしまいました。

 

その中の実情を書きます。

 

品物が良いからと仕事を振った作家が事務処理や販売が経験不足ゆえ、こちらが求めるビジネスレベルで出来なかったりすると、本来なら自分の立場ではやるはずではない仕事ばかり増え、自分の給料が減るばかりになります。

 

相手からのメール一本の返信をいかに減らすか配慮して簡潔に仕事をしてくれる時間軸が同じ企業としたら当然のマナーが出来る人もいれば、そのビジネスマナーを知らなかったり、色んな余裕があるであろうことにより、こちらの手間を増やしていることに気付いていないだけの人もいるのです。

 

でもこれらは相手が悪いと言うより、相手にそのビジネスとしての知識がないだけの場合が多いのです。

 

社会経験がなくても、開業届を出していなくても、税金を納めていなくても、誰かに養ってもらっていても、「独立してる」という状態を作ってしまえるのが、作家という仕事で、さらには趣味人もプロのように振る舞えてしまうのが、作家というものの恐ろしさです。

 

私はこの仕事のプロです。

プロというのは、自分で責任と数字を負って結果を出して生活出来る人間のことです。

 

そこで、自分がこの先もプロとしてお金を稼ぎ続けて生活するためには、作家業界に注ぎ込んで来た14年間の時間と、何百万くらいどころでないお金を注ぎ込んで得た経験をシェアして、地方での業界の底辺レベルの底上げをすることが必要かと感じています。

 

私の仕事の経験を全て使えば、ビジネスとしての知識を植え付けるだけでなく、現場の仕事も振り、その場で成長を実感出来る売上を達成させられるという底上げの仕方が出来るのです。

 

多分ここまで面倒みられる講座と企画を作れる人はそんなに居ないと思っています。

(居たら仲間になりたいので紹介して下さい…)

 

うちの店は通常の平均仲介手数料より5%〜8%多く作家に支払っていました。作家を稼がせる仕事を作ること、言わば作家業界のフェアトレードをすることが目的だったからです。

 

5%利益率が少ないということは、売上50万で2.5万、100万で5万、200万で10万の差が出ます。

それが年間数本×5年間続いたら…?

どれだけ他の仕事の利益を回して、どれだけ自分の身を削ってこの仕事を守って来たか、私をよく知る人達であれば想像して下さると思います。

 

そんな中でも、まるでこちらが仲介手数料をぼったくっているかのような言われ方や、私が人の世話をするのは当然というような態度を取られたこともありました。

 

それでも続けて来たのは、こんな儲からないアホな仕事はまともな企業人はやらない、私しかやらない、でも自分がこの仕事をすれば助かる人が必ずいる、必ず業界の役に立つ、と言うことを信じて疑わなかったからです。

 

そして、この仕事をたった一人で作って来た過去の自分の孤独を救っていたのだと思います。

 

自分が売場に入らないと回らない現場が増え続けることは、体力的にも精神的にも一年以上前からとっくにキツいと感じていました。でもどうしても達成したい目標があったので、セレクトショップに拘ってやって来ました。

 

昨年度、年商が一区切りとなる目標を達成したのをきっかけに、自分の商売に自分の能力を今後どう還元して行こうかな、と考えました。

 

同時に、自分の儲けをそろそろ出さないと生活がままならないところまで来てしまいました。

 

そんな様々なきっかけが重なり、会社を辞めてから5年続けた仕事の仕方を変えることになりつつあります。

 

私がこれから出来る事は、自社製品を日本国内だけで卸売・小売してファッション業界に留まることではないと思いました。

メイドインジャパンの一点モノと、海外生産の量産と両方対応出来る体制で臨んだお陰もあり、先日出展した商談会ではファッション業界以外の企業様からの別注デザインのご相談や、海外での販路拡大のお話など、前回出展時とはまた違った種類の営業をたくさんさせて頂きました。

20代前半の経営の知識が一切ない女の子が、転職するまでの暇つぶしで始めた趣味のニット帽子作りを、ここまでのプロの仕事に育てたのは、周りの人や環境に恵まれたことと、私がこの活動を辞めなかったからです。

 

これからは益々自分の能力を還元して、私もちゃんと利益を頂いて、そのお金を誰かに還元出来る大人になって行こうと思っています。

 

近々、この活動を支援いただくためのクラウドファウンディングを始めようと思っております。

 

そして毎度のことですが、私が自分が受けた辛い経験を書く時は、犯人探しをしてもらうために書いているのではなく、自分の中で気持ちの整理をつけて、自分が受けた負の思いを昇華させたいだけという、自分勝手な理由です。

出来るだけ誰も不愉快にさせないように配慮して書いておりますが、もし相応しくない内容がありましたら申し訳ありません。

 

今ではお仕事をご一緒させて頂く作家の方も取引先の企業の方も、本当に素晴らしく共感出来る志のある方ばかりになりました。

毎日楽しくお仕事させて頂けるようになったので、ご安心下さい。

 

私の仕事を本当に応援して下さる方々は、余計な詮索をされることを私が物凄く嫌うことを、ご存知かと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

ナコニット

 

<おしらせ>ファッションワールド東京

東京ビッグサイトでの展示商談会に、nacoknit∞として昨年秋に引き続き出展します!

f:id:hajimari5:20180331205640j:image

f:id:hajimari5:20180331210352j:image

4/4(wed)~6(fri)
「ファッションワールド東京」
東京ビッグサイト
デザイナーエリアF31-001

 

f:id:hajimari5:20180331205700j:image

14年前に時間潰しの趣味作家から1人で始めた活動がお仕事になって行き、こんな大きな展示会に出るようになり、企業さんからのお仕事を受けたり百貨店さんでの販売に入るようになり、国内外のニッターさんに製作を頼んで量産するようになり…

 

感慨深いです。

 

オンシーズン繁忙期の最中での展示会出展はスケジュールとしてはなかなかツライものがありますが、セレクトショップ業務の目標を昨年末まで5年がかりで達成したお陰で、今はnacoknit∞仕事の拡大が楽しくて仕方ないです。

そんなわけで出張も楽しみです♪

 

 

 

<おしらせ>サイトお引越ししました

こんにちは。ナコニットです。

このブログの元となる「作家のビジネススキルアップ養成講座」詳細が書いてあったりするサイトURLが3月から変わったことをお知らせしていませんでした。誰も気にしてないかもしれないですけど、失礼しました。

 

面談ご希望の作家様はこちらをご覧下さい。

ページ作りたてホヤホヤで正直まだ見づらくて申し訳ありません。

少しずつお申込みしやすい環境を整えて行きます。

http://www.kittyuna-and-nacoknit.net/pages/1740144/page_201803121704

3.11だからって暗くならない話

こんにちは。ナコニットです。

毎年3.11付近になると思い出したように重々しい感じを押し付けられるのが苦手なので、アッパーな被災話を書きます。

 

私は福島県で被災しましたが、クヨクヨしてもしょーがないので震災2日後から友達と飲み歩いてました!

原発がドッカンしたから外に出るときは帽子とマスク必須とのことで、当時会社員でスーツ着てたので帽子を毎日被れる環境が嬉しく、副業だった帽子仕事の取扱商品を被って浮かれて飲みに出かけてました。

独身で子供のいない女の子達は子供が産めなくなるんじゃないかと悩んでいましたが、私は当時子供を産む気が全く無かったので平気で外に出ていました。マスクを外して「少し肺に入ったか」ってナウシカごっこして遊んでました。

そんな感じで震災後もヘラヘラしてたからか、そんなに嫌な思いをしませんでした。

関西や北海道のお友達が物資を送ってくれたから食べる物にもあまり困らなかったし、震災後の復興バブルにちゃっかり乗っかって当時なかなかうだつの上がらなかった仕事の営業成績がスパークして生活が潤ったし、前から好きだった札幌にも短期移住出来たし、その時の縁があって今も定期的に北海道出張のお仕事があったりします。

 

f:id:hajimari5:20180311205754j:image


でも震災から2年後くらいに急に遅れて来た震災うつみたいな気持ちになりました。震災直後はあまりにみんなが泣くから、泣けなかったんです。あまのじゃくだから。それでみんなが復活して来た頃に、当時溜め込んでいた悲しみがブワーっと出て来ました。それが解消されたのは、その後婦人系の病気が悪化して出張先でぶっ倒れて救急搬送されて緊急入院して身寄りのない北海道で手術するという事態の方が、震災うつよりキツかったので震災のことを忘れられたからです。

 

なんだか震災と全く関係ないところで暗い話に転換されてしまいましたが、せっかく生き残れた命なので、それを使って毎日笑って生きるのって大切だな、って改めて最近思っています。

 

震災とは関係ないですが、プライベートなことで既にやっつけた出来事が今になって消化しきれてなくてやるせなくなったりとか、周りと自分を比べるという意味のない思考回路に入って焦ったり凹んだりすることもありますけど、無理矢理にでも笑ってるとほんとに笑えるようになるし、楽しい気持ちで生きている人間には良い人と物事が寄ってくるのを震災直後の自分から学べたから、気を取り直して毎日笑って、自分が心地良くいられる場所で生きて行きたいな、と思います。

 

もちろん自分が心地良い=他人が心地悪くても平気、ではないので、自分も周りもハッピーで居られる状態を少しずつ作って行きたいというところです。

 

f:id:hajimari5:20180311210745j:image

フィールドが違う

こんばんは、ナコニットです。

 

地元でお仕事していて困るのは、旦那さんのお金で生活している趣味の延長の作家さんと、自分で稼いでいかないと生活出来ない私を同じ土俵に乗せられることです。

 

最近はめっきり無くなりましたが(´-д-)-3

 

断っておきますと、自分と生活環境と仕事の責任が違う仕事の仕方をしている作家さんを否定しているのではなく、戦うフィールドが違うんだから、それぞれ与えられた相応しい場所で頑張りましょうよ!!って意味です。

 

地方にはまだまだこの仕事を生業として出来ている人がおりません。都会でもこの仕事で生活出来ている人はほんの一部です。

 

本当にやる気がある人と言うのは、わたしやる気があります!!と言うだけの人ではなくて、長く稼ぎ続けられる人だと思います。それがプロだと思います。

 

私はもうプロとしかお仕事したくないのです。

素人作家さんに構ってると、私のギャラを平気でマイナスにするからです。

 

そういうことされても支えられる余裕が時間的にも金銭的にも精神的にももう無いので、もうこっちのフィールドに入って来ないでほしいのです。こっちのフィールドで戦いたいなら、本当の意味での仕事と覚悟を考えて欲しいです。

 

自分が大事にされてないと取引先を悪く言い平気で騒ぎたてるのは、時間が有り余ってる素人作家がやることです。企業間同士のやり取りでそんなことはやりません。どちらのフィールドで戦うにしろ、郷に入れば郷に従え、です。

 

私も未だに悔しいことも悲しいこともたくさんあります。田舎は縁故が強いのです。私のように旦那さんも親も何の権限もない女が勝ち上がるのはとても厳しいです。でも、それは私との競合が極端に居ないことも意味しています。こっちのフィールドで戦い続けて勝ち残るために、いつかの反逆のチャンスを狙って黙って仕事しています。どの企業さんにとっても、結果=売上が全てなのです。結果を出し続ける限り仕事がゼロになることはないはずです。

 

文句の噂を広めて悪口を言う仲間が欲しいだけの人は、ずっと素人のフィールドにいると良いのです。でもそこから出たいと本気で思ったら絶対に抜け出せます。私はもう素人とは仕事しないと決めたので這い上がることを直接手助けすることはやらないけど、這い上がって来る本気のプロの方とはきっといつか御縁があって、私とも地元でお仕事をご一緒して下さることがあれば、本当に嬉しいです。

 

f:id:hajimari5:20180301203442j:image

今日のお写真は出張先の東京から☆

今後のこと

こんにちは。

作家のためのビジネススキル養成担当ナコニットです٩( 'ω' )و

 

f:id:hajimari5:20180221214826j:image

 

今年から私個人の働き方改革を本格的にしております。

 

「趣味ではなくビジネスとして認められる作家の養成事業」もその一環ですが、昨年はやはりファッション業界のトップシーズンに入るとそれどころでは無くなってしまいました。

 

昨年くらいから優先順位の変化があったので、4年続けた出張多過ぎて家がない生活を止めようと徐々にシフトしています。

 

そういう中に私の気持ちが変化していても、もっともっとがむしゃらに働く私が見たい人もいるようで、色々勝手な願望や思い込みを私に伝えてくる人もいます。

 

でも近くでここ何年かの私を見てきた人は、もう休んで良いよと言って下さいます。

 

私もそう思っての決断です。

 

何かを変える、止めるときに、それが逃げにならないと自分で納得できるまでは踏ん張り続けないと後悔することを私は20代のときに経験し知っています。その人間が40手前にして何かを止めたり変えようしていると言うことが、何を意味するか理解して頂きたいものです。

 

私の中で出張多過ぎて家がない生活になるきっかけとなった作家関係の仕事をした4年間の中で、消化しきれてない思いがあります。

 

それを消化しようと先日思いつきで人生初ヨーロッパとなったポルトガルに行って、美しいものをたくさん見て、毎日教会の鐘の音を聞きながら眠り、わくわくしながら早起きする、とても素敵な毎日を過ごして来ました。

 

でも、日本に、郡山に帰って来たらほぼ毎日が地獄の感情との闘いでございます('A`)

 

たくさん悲しくて辛くて苦しかったことを思い出します。それと同時に、これから自分が一人で背負わなければならない物事の大きさを考えて恐怖で泣きたくもなります。

 

これは、私が今まで背負って来たものの実情を書いて消化して浄化しないと、私の今までして来たことが無かったことになってしまうのかな、と薄々思っています。

 

そんなわけでこれから、その業務の最中にいる時には吐き出したら周りの社長たちに絶対、「そんなの止めなさい」って言われるのが分かるから、それくらい儲からなくて時間ばかり取られて負担ばかり背負うものだったから、言わずにたった一人で背負って来た思いや経験を、少しずつ書いて消化して行きたいと思います。

 

勘違いしてほしくないのは、もしネガティブな話題があったとしても、それを誰かのせいにしたいとか、犯人探しをしてほしいとか、一緒に陰口言って欲しいとかではありません。私が自分の頭で考えて、自分と自分の周りに必要だと思ったから、作家業界にとってそれが必要だと思ったから、他に誰もやりたがらないのが分かってたから、だからやって来たことです。

 

私の経験をシェアすることによって、それが出張族を止める私の新たな生活の糧に少しでもなってくれたら本当に有り難いし、日本のどこかの作家さんが勉強してくれたり、同じ位の志とステージで仕事している作家さんが励まされるものになれば嬉しいです。

 

そしてここには書いていませんが、私が今年の始めに立てた目標が私に相応しいものであって、それを受け取るに相応しい人間であってほしいと願います。

 

f:id:hajimari5:20180221215728j:image