はじまりは月商5まんえん

販売×製作のプロ。はじまりは14年前、月商5万円の趣味作家から。出張族ならではの旅情報や私の周りの素敵な仕事人も時々紹介します!

【ご相談】おっちょこちょいはどうやったら直るのか

こんにちは。ナコニットです。

今日のタイトルは、おっちょこちょいの人に私が困ってる話ではなく、私のおっちょこちょいを直す方法を真剣に探している、という話です。

 

どれくらいおっちょこちょいかと言うと、今週だけで既に2回やらかしました。

 

*1回目 郡山編

アルバイトでお仕事頼んでる子と知り合いのカフェにランチしに行ってお会計しようと思った時に財布丸ごと忘れていることに気づいて、年下の子にランチ代借金しようとしたところ、カフェのスタッフさんが以前から欲しいって言って下さってたヘアアクセを私が行商でちょうど持ち歩いてたので買って頂き、現金を手に入れて自分の店から借金してランチ代が払える。

f:id:hajimari5:20180710173135j:image

 

*2回目 須賀川

今月末に出店させていただくイベント「ワノコトマルシェ」の会場下見をしに須賀川のおしゃれ劇場さんにお邪魔して、帰りに今年3月出店でお世話になったエステのDioneさんに予約していたのだけど、その予約時間まで時間もあるからワノコトスタッフさんとお茶してたところ、予約時間は1時間勘違いしていて優雅にカフェでお茶してる時にエステのオーナーさんから連絡を頂いて気づく。

f:id:hajimari5:20180710173241j:image

 

でも事務所に帰ってきた時に、前回のクリエイターズトリップショップで渡しそびれてたmamecoさんのノベルティを持っていき忘れていたので、どっちにしろまたDioneさんにはお会いすることになってたのか、と思う。

須賀川市は別件の素敵なイベントで来週も行きますし!

 

 

てゆうか、行きますし、じゃないでしょって話なんですよね。

 

自分のおっちょこちょいで自分が困るのは良いのですが、他人様を巻き込むのが忍びないので直したいのです。2個目の話なんて、常々「相手の時間泥棒になってはいけない!」と言ってるのに自分が時間泥棒になってますから。

 

「私って実はおっちょこちょいなんですよ〜」って話をしていた瞬間におっちょこちょいを勃発して、謙遜で言ってるのかなと思ってくれてる目の前の相手が「これか」と納得すること多々あります。もう嫌。

 

おっちょこちょい同士で解決策を模索していた時に、「でもやることいっぱいあるから分かんなくなっちゃうのしょうがないし、周りがしっかりしてくれてるから何とかなるよね。」と言う解決を言ってしまったのですが、当事者が言ってはいけないセリフですよね。

 

おっちょこちょいを直す解決策として、私含め世の中のおっちょこちょい達も色々試して努力しているのです。

おっちょこちょいじゃない人からしたら「なんでそんなことも出来ないの!」状態で怒られるだけだと思うので、「私こんなにおっちょこちょいでしたけど、これをやったら直りました!」って言うアイディアを探しています。

 

私なんて見た目とか態度からおっちょこちょい感が出てないタイプなので、もっとしっかりしてると思ったのに期待外れだった、と後で相手に思われてがっかりされると言う「がっかりおっちょこちょいタイプ」なので余計に損してます。

 

でもどこでも生き延びられるので大丈夫です。

 

結局本題が解決してませんけど。

 

そんな私ですが大真面目にやってるクラウドファンディングでは引き続きご支援お待ちしてます。

今週中に目指せ50%。

readyfor.jp

 

組織化する仕事の話

先日、クラウドファンディング返礼品でも協力してもらっている「書く女(書家)」陽華ちゃんとご飯と営業がてらの作戦会議をして来ました。

f:id:hajimari5:20180706205910j:image

安積町にある一軒家レストランの「さんじょう」さんへ。陽華ちゃんに以前連れてってもらってヘルシーおかずたくさんのご飯がとっても美味しいので、また行きました。

 

陽華ちゃんが先週末出ていた東京、白金のイベントのパフォーマンス動画を本人の解説付きで観せてもらったり。

10月郡山駅前MOLTIさんで開催予定の「クリエイターズトリップショップ」の出店やアートブースをどうするかなどの作戦とクラウドファンディングのご支援をいかに集めて行くか策を練ったり。

そこから発展して私がかつてオーガナイズしていた「アッパーチー(帽子がドレスコードのUpper Life Partyの略)」的なぶち上げパーチーをまたやりたいね!という楽しい妄想まで行きました。

 

f:id:hajimari5:20180706204922j:plain

 

何かを成し遂げようとする時は、一人でやっているようでも一人で出来ていることなんて実はほとんどなくて、今回のように何人もの人に関わってもらうことは尚更です。

でも、関係者全員にゴールが何処かと言うことを見せて、尻をひっぱたかなくても自分たちで走りたくなるようにワクワクする道程を設定してあげるのは、オーガナイザーの役割だということを、私はアッパーチーから学びました。

 

今日、Readyforの担当キュレーターさんと電話で経過報告させて頂く中でも、どうやったら関係者の人達が〈一緒に〉楽しく協力したくなるだろうと言うことを一緒に考えてもらいました。

相手に伝わってないと感じた時に「なんで分かってくれないの」は絶対に思ってはいけなくて、「どうやったら伝わるのかな」にフォーカスを当てなければなりません。

そしてその手段は相手によって変えなければなりません。

 

それが組織を作ると言うことです。

 

私は私の出来ることと、一緒に働く人達にしてもらいたいことをしてもらえるような仕事の仕方を考えて進めて行きます。

 

↓新着情報で返礼品出品作家さん達の製作秘話がそのうち出てくることを期待して一緒に待ちましょう^^ 

readyfor.jp

施しは、本当は受ける側ではなく与える側にいたい話

こんにちは。ナコニットです。

クラウドファンディングでの資金調達に挑戦し始めて6日経ちました。

今のところ私の友人やお仕事でご一緒した方々が中心となって購入してくださり支援に繋がっています。

人が困ってる時にサラッと手を差し伸べてくださる人間性がいかに素晴らしいか分かっているので、そういう人たちが周りにいて私は幸せなんだな、と改めて普段の生活では気付けなかったことを気付かせて頂いてます。

 

新しいことにチャレンジすることの良さって、目的を達成すること以外にも、そういう福利的な経験をさせてもらえることだと思っています。

 

今回で言えば、目的は「クリエイターズトリップショップ」の運営費用と自社製品の生産費用の支援金集めですが、それをすることによって、私の理念や活動を知って頂くきっかけにもなるし、何より私が今までやって来たことが正しく相手(見てる側)に伝わっているのか、その中でどれくらいの人に正しく伝わっていて、どれくらいの人には理解されていないのか、応援したいと思ってもらえないのか、私の今までのやり方は非道なものではなかったのか、そういうことの確認作業にもなっていると感じています。

 

 

f:id:hajimari5:20180702153858j:plain

 

 支援(購入はもちろん、宣伝や返礼品提供など)をして下さっているのは、今までの私がやって来た仕事を近くで見て来た人達や、最近知り合ったばかりだけど私の理念を理解して下さってる方、経営している方、お仕事上のお付き合いがある方、そして私からの仕事によって稼ぐことが出来たと体感してくれている上で私がどれだけのものを背負って来たのか想像が出来る優しい作家さん達、と見ております。

 

そんな皆さんからの気持ちが本当に嬉しくて有り難いと思うと同時に、自分が人様から施しをしてもらう側にいることが、くすぐったくて落ち着かない気持ちもあります。

 

今回の挑戦の内容もお読み頂けると分かると思うのですが、私は出来ることなら施しをしてもらう側ではなく、与える側にいたいタイプです。

「そう考えてる私って素晴らしいでしょ」売りをしたいのではなく、元々の性格の問題です。いえ、元々は施しを大いに受ける側(女性性強め)だったのが、ちいちゃな商売を営むことで施しを与える側の面白さを知ってしまったからかもしれません。

 

その「施しを与える側」というボランティア精神を持って取り組んでいるのがkittyuna-キッチュナ-のセレクトショップ業務と商品生産、クリエイター企画になるのですが、この業務は利益までもがボランティア状態です。

そのため、元々全然違う業界の営業をやりながら片手間でやっていたのですが、それだと作家業界仕事一本で向き合って生計を立てている人には一生敵わないと思い、一番儲かってなかったキッチュナをメイン業務にしたのが2年前でした。

生活レベルを落とすことは恐怖でしたので、キッチュナ一本にする前に修行みたいなことをやって、貧乏になっても苦痛だと思わない精神状態を作ってから取り組みました。

 

お金は、1年だけならキッチュナがメイン業務でも生活に耐えうると計算。

有り難いことに仕事は増えて行くので1年ではメイン業務から外すことが出来ず、ただし仕事はあっても全現場が黒字ではないので、この間、様々な資金調達手段を使い(この話題もまた別の機会に書きます)そして今日のクラウドファンディングもその手段の一つとして使わせて頂いてます。

1年半経った時に、売上が私の目標数値をクリアしたことをきっかけに、今はキッチュナの業務を縮小し、利益率の良い自社製品nacoknit∞の生産数を徐々に上げております。

 

作家の支援を続けるために、作家の支援仕事以外の仕事をメインにしなければ、いくらクラウドファンディングで支援をして頂いても私自身が生活して行けない状態になっています。nacoknit∞も在庫リスクがあるので、こっちでコケるとキッチュナに儲けを回せなくなります。でも以前のように、営業職で休みもろくになく稼ぎを全部キッチュナの業務に突っ込むようなことはもう不必要だと思っていて(一番はそれで倒れて入院して迷惑をかけたことが未だに恐怖だからです)、じゃあどうするのって話なのですが、だからといってこれからのことを不安だとは全く思っていません。

 

なぜなら私は「売るスキルと努力し続ける根性」とその経験値を持っていて(営業は結構どす黒い経験をしているので他社でも絶対に役に立ちます)、それが必要な人や企業さんで、尚且つ私のそのスキルを利用して、平気でタダ働きさせるような心のない人達とのご縁ではなく、ちゃんと稼がせて下さる方とのご縁がきっとあると思っているからです。

 

そんなわけで、私個人はキッチュナを守るために、キッチュナ以外の仕事を探すまたは作らなければならないということになってますが、目の前にある自分がやるべき仕事に感謝しつつそれをこなして、良いご縁をちゃんとつかんで生きて行きたいと思います♪

キッチュナでもっと利益率重視の不本意なものを売ればだいぶマシにはなるんですが、それは顧客様もお取引先様も誰も望んでいないはずなのでやってはいけないです。

 

ご賛同頂ける方は下記からご支援のご購入をよろしくお願いします。

readyfor.jp

福島市に行って来ました!の巻

こんにちは、ナコニットです。

あまり毎回クラウドファンディングの報告ばかり書いてもつまらないと思うので、挑戦中の注目されやすいことを利用して、私の周りの素敵な方々のご紹介を時々して行こうと思います。

みなさんお仕事でお世話になってるお友達やお仲間、お取引先、お客様などなど、色んなご縁で繋がっている人たちです。

 

f:id:hajimari5:20180630190947j:image

さてさて、先日早起きして福島市に遊びに行って来ました。

カノンコーポレーションさんで開催される「だしを楽しむ」と言うワークショップに参加しに。

株式会社カノンコーポレーション - ホーム | Facebook

ワークショップなどのスペース貸しもして下さるそうです。

主催されているこちらの会社のスタッフさんと、講師の先生が偶然にどちらも私の13年来のお客様と言う嬉しいご縁があって、そのワークショップの紹介をfacebookでしたら、帽子をご愛用頂いているお客様も一緒に参加する!となったのです。

 

私め、お料理はあまり得意でないですが(特にこの4年間は出張族でまともにお家がなかったので、簡易キッチンでチャチャっと作れるお料理しか出来ないのです)出汁とりは大好き。ワンタンも好きすぎて夜中にもみじ(鶏のお手手)やらガラやらグツグツ煮込んで作ったワンタンスープを周りの人たちに食べさせてワンタンを普及したり、同じくワンタン好きの後輩とワンタンパーチー略してワッパーチーも開催してました。

 

そんな私に打ってつけのワクテカワークショップ。

教えて下さるのは名もないカフェの伊藤麻家先生。

まやちー先生のご飯は13年くらい前のカフェイベントで初めて頂いて、美味しくて楽しくて大好きなお味だったことを覚えています。

この日は4種類(白身魚・青魚・お肉・野菜)のお出汁をとって、その味見をさせてもらったり、簡単スープを頂いたり、野菜出汁を使ったテリーヌを寒天で作ったりと、盛りだくさんでした!

f:id:hajimari5:20180630190906j:image

f:id:hajimari5:20180630190929j:image

特に、傷み始めの野菜を使ってとれる野菜出汁は気に入ったので、次のお休みの日に作ろうと思ってます^^

あとは、先生が「出汁の素に頼ってももちろん良いんだよ〜」って言う、誰のことも否定しないところが良いな、と思いました。

 

私も自分で生産してるニット帽子は極力天然素材を使うようにはしてますが、化学繊維が絶対にダメとも思わないし、自然食が好きですが、カップ麺も平気で食べます。

誰かに自然を強要することほど不自然なことはないですもんね。

私の周りの方々は、そう言う自由度の高い人たちが多いから、だから楽しいんだなって思いました。

相手を自由にさせるって、自分の発言に責任を持つってことだから。

 

終わったのがお昼すぎだったので、その後早稲町にあるお花屋さんのcocoroさんに久しぶりにお邪魔しました。

f:id:hajimari5:20180630191025j:image

 

相変わらず可愛いお花やさんです。

過去に何度もトリップショップで2階をお借りしました。

地元にいる頃はお祝いのお花は基本cocoroさんにアレンジをお願いして作って頂いてました。口頭で伝えたイメージ通りにいつも作って下さるんです。それにcocoroさんで買ったお花達はすごく元気なのです。

f:id:hajimari5:20180630191123j:image

 

ほんとは他にも行きたかったお店さんもあったのですが、タイミングが合わなかったりしたのでそれはまた次回に。

 

今回ワークショップに一緒にお出かけしてくださったお客様のまゆちゃんは「Leaf」さんと言うバンドをやっていて、7月22日は郡山の暮らしづくりビレッジさんで開催されるイベントでライブもやるそうです。

f:id:hajimari5:20180630191129j:image

 

私、地元は郡山ですが、何度も言いますけど4年ほど居着いてない間に色々新しいものが出来て、その間に出来たものとかには疎いので、私もここに行ったことがまだないものですから、あまり上手に説明出来なくてごめんなさい。

でも、まゆちゃんオススメの素敵なパン屋さんが主催するセンス良いイベントだそうなので、私も楽しみに伺います。

ちなみに私の周りには質とセンスが良い人と物と仕事しか寄ってこないシステムです。

 

では、また各地の素敵なご縁の人たちを時々紹介いたします。

今日も長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 

#クラウドファンディング挑戦中

readyfor.jp

セット内容見直しの巻

こんにちは。ナコニットです。

先日より始まったクラウドファンディングでの資金調達チャレンジですが、より支援いただきやすくするために、返礼品の内容を少し変えました。

 

下記の3種類、金額設定そのままで内容を追加しております。

ぜひ改めてご覧ください。

 

①1万円の支援 10/5~9郡山駅前MOLTIで開催される「クリエイターズトリップショップ」で使えるお買物券5,000円付きセット

②3万円の支援 mamecoのハットセット

それぞれにnacoknit∞のニットボールブローチも入ることになりました!

f:id:hajimari5:20180629190417j:plain

自分がデザインしておいて何ですが、新種の海洋生物みたい。。。

1点ずつ色の組み合わせが違います。

f:id:hajimari5:20180629190553j:plain

どれが届くかはお楽しみです^^

 

さらに、

③1万5千円の書家・陽華があなたの好きな言葉を書いてポストカードにするオーダー権&仕合わせ堂のポーチセットにkittyuna&chadoubaのスカーフ風リバーシブルターバンが入ります!

 

f:id:hajimari5:20180629190901j:plain

こちらのスカーフターバンは先日、陽華ちゃんにお買い上げ頂いた物の色違いです。

つまり陽華ちゃんファンの方のためにご用意した、陽華ちゃん御用達セットです。

 

返礼品には他にもいろんな感謝の気持ちを込めたプレゼントをセットにしてお届けいたしますので、ぜひ改めて下記リンクからチェックしてみて下さい!

 

そして、既にご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。

初動1週間で全体の20%達成が目標と言われており、今の時点で中途半端に19%です。笑

私ってこういう惜しいところで達成出来なかったりすることがある残念な人間なんですが、週末のうちになんとか最低でも20%はクリアしておきたいと思っています。

 

プレッシャーで吐きそうですが、それもいつもの仕事で味わっていることなので、楽しく頑張ります。応援して下さる方とのご縁が一人でも多く繋がりますように。

 

readyfor.jp

クラウドファンディング1日目

こんばんは。ナコニットです。

以前よりお知らせしておりました、クラウドファンディングの資金調達チャレンジが今日から開始されました。

 

readyfor.jp

 

公開のタイミングで 出汁をとるワークショップに参加していたため 私がReadyforさんにgoを出すタイミングがずれてしまい、遅れての公開となって申し訳ありませんでした。

出汁をとりに行く予定はもともとあったのです。

なんで出汁を取りに行ったか後で書きます。

私のお店の素敵なお客様のつながりで伺ってきました。

お仕事での大切なお付き合いでございました。

 

クラウドファンディング挑戦期間中の約1ヶ月間、いろんな方にこのブログをお読みいただく機会も増えると思います。

せっかくですから私の身の回りのお友達、お客様、お世話になっている方のお店やイベントなども厳選してお伝えして行きます!

強い敵と闘うときの孫悟空の気持ちを忘れない話

ナコニットです。今日はドラゴンボールの話を延々と書く回ではありません。

いよいよ明日6/27の11時から、クラウドファンディングReady forを使っての資金調達の挑戦が始まります。

https://readyfor.jp/projects/kittyuna

 

目的は私がいつも懇々とお話ししております、作家のビジネスレベル底上げに繋がる企画「クリエイターズトリップショップ」へのご支援お願いしますっていう話なのですが、その辺は公開しましたらリンク先にも書いておりますので、今日は一足先に、魅力的な返礼品と、そちらを提供して下さる日頃からお世話になっているデザイナーさんやアーティストさんについてご紹介します!

 

ちなみにご支援は3,000円から50,000円まで様々な種類をご用意しております。

普段はレディース商品がメインの当店が男性の支援者様にも使っていただけるお品を頑張って出しておりますので、ぜひ最後までお読みになってください。

 

まずはみなさん大好きな札幌のチョークアーティストHanaeちゃんです。

f:id:hajimari5:20180626182928j:plain

はなちゃんからは、今回のご支援の返礼品に全てにお付けできるグリーティングカードをご用意頂きます。今日ちょうど返礼品のデザインラフ画も拝見しましたが、はなちゃんとキッチュナのコラボ的な素敵なデザインなので楽しみにしていて下さいね。

 

2人目にご紹介するのは、私の地元福島県内で活躍の「書く女」陽華ちゃんです。

f:id:hajimari5:20180626183705j:plain

陽華ちゃんは郡山駅前のS-PALさんや、今回の支援金の主な用途であるイベント「クリエイターズトリップショップ」会場のMOLTIさんはじめ、各所での書道パフォーマンスや展示やお仕事でお見かけしたことある方も多いと思います。アーティスト業をきちんと仕事として成立させられている、地方では非常に貴重なお方でございます。

 

そんな陽華ちゃんからは、「あなたの好きな言葉を書いてポストカードに」してくれるという贅沢なオーダー権をご用意して頂きました。

f:id:hajimari5:20180626184642j:plain

ちなみにこれは4月に某百貨店さんでのポップアップ出店時に書いてきてくれた、私の帽子格言です。こんな風にインテリアとして飾ったら素敵です。

 

3人目は、そんな陽華ちゃんの御用達ブランド、仙台の仕合わせ堂さんです。

f:id:hajimari5:20180626185204j:plain

f:id:hajimari5:20180626185234j:plain

仕合わせ堂さんは前回のクリエイターズトリップショップにも出店してくださりました。現在は仙台のチャレンジショップで実店舗も運営されています。

今回は陽華ちゃんの書くポストカードオーダー権と仕合わせ堂さんのくちびる型ポーチなどをセットにした私的には「陽華セット」を15,000円の返礼品として限定5点ご用意しております。

 

4人目は各地のトリップショップで個性的な帽子がお客様の心を鷲掴みにしているKUMINさんです。

f:id:hajimari5:20180626185809j:plain

f:id:hajimari5:20180626185832j:plain

今回は、ご試着できなくても選びやすいバッグとストールをご用意頂きました。

それぞれ10,000円と30,000円の返礼品セットに入っています。

どれも一点ずつのため、気になる方はお早めにお申し込み下さいませ。

特にストールは芸術的で風合いも良く、他にはないデザインが魅力です。

プレゼントにも素敵です。発送時にはギフトラッピングでお送りさせて頂くことも可能です。

 

 

5人目は、こちらも寒い季節の東北、北海道のトリップショップで大人気のカシミヤニットブランドnaocoさんのスヌードです。

f:id:hajimari5:20180626190450j:plain

f:id:hajimari5:20180626190513j:plain

1枚目と2枚目同じ商品です。

1枚目こんなにフワフワしてるのに2枚目こんなにキュっとなるのです。

色はブラックやネイビーもあるので、男性もマフラー代わりに良いです。

薄手なのでコートやジャケットの中に入れてもモコモコしないのが良いのです。

naocoさんのカシミヤは昨年だいぶお買い上げ頂きましたので、当店の顧客様もたくさんの方にご愛用頂いておりますよね。

スヌードは私も別のデザインを愛用していますが、「軽い・チクチクしない・ラク・気持ちいい」とあって、外出時に巻いて出かけて、あまりの軽さと気持ちよさにおうちの中でもそのまま使ってしまっております。

小さいお子さん連れでのお出かけや和装でのお出かけの時にも活躍します。

15,000円の返礼品セットでお好きな色をお選び頂けます。

 

6人目は郡山のお客様もクリエイターズトリップショップの出店ですっかりおなじみになりました、東京の帽子作家mamecoさんです。

f:id:hajimari5:20180626191327j:plainf:id:hajimari5:20180626191352j:plain

マメコさんの帽子も可愛いのですが、ご本人もセンスも可愛いやら何言っても笑ってくれて優しいやらで、私も私のお客様もマメコさんのこと大好きすぎますよ。

マメコさんも郡山のパンチ効いた感を楽しんでくださり、大都会東京から東北のシカゴ(私は東北のウィーンなんて言いません)郡山市へ半年に一度すっかり出張してくださっております。

f:id:hajimari5:20180626192137j:plain

そんなmamecoさんからは黒のハットが30,000円の返礼品セットに入っています。

レディースサイズ、メンズサイズをお選び頂けます。メンズで愛用されている方も多いデザインです。中折れハットが好きな方はお好きだと思います。

こちらのハット、出店時には他の色や柄も出ているデザインですので、10月のクリエイターズトリップショップで他の色柄も見たい!実際に試着して見たい!という方には打って付けの返礼品がございます!逃しませんわよ。

 

f:id:hajimari5:20180626192733j:plain

10,000円の返礼品と50,000円の返礼品で、10/5~9に郡山駅前MOLTIで開催される「クリエイターズトリップショップ」会場で使えるそれぞれ5,000円と20,000円のお買物券が付いた返礼品セットもご用意しました。

上で紹介したmamecoさんのハットは2万のお買物券あれば余裕で買えますから、お選び頂くのは5万円のご支援ですね('A`)

 

ちなみに30,000円以上のご支援には、全て当店サイトと「クリエイターズトリップショップ」ポスターへの企業名または個人名とサイトを記載させて頂きますので、社長さん達には3万円以上のご支援がお勧めです。今回の支援金は寄付ではなく商品の購入になりますので領主書も発行可能です。税金のあれこれは、これ以上は詳しく書きませんけど。

 

最後に、私のニットブランドnacoknit∞の超貴重な返礼品をご紹介して終わります。

f:id:hajimari5:20180626193448j:plain

「あなたの描いたイラストから世界でたった一つのニット帽子を作ります」オーダー権を、限定5名様で50,000円のご支援セットに入れました。

これはお子様サイズも男性も女性もどなたでも頭のサイズに合わせてお作りします。

デザインにもよりますが、ニットなので伸縮性がありますので、通常はお子様でも2シーズンは被って頂けます。

 

注意点:

・オーダーの打合せで直接お会いしてのご相談かメールでのご相談が必要になります。

・あくまでも帽子(被り物)のみです。

・動物用は専門でないので、人間の帽子を動物サイズにするしかできないと思います。

・他人が見たらなんだか分からないレベルのイラストでも私なりの読み取り力で良ければ帽子に出来るので、小さいお子さんの描いたイラストも可。

・出来るだけクリスマス時期には間に合うように製作するつもりでおりますが、5点マックスでご購入いただいた場合は、先着順で対応するようになるため、4番目以降のご注文は年明けになる場合もあります。

 

近年めっきり量産でニット帽を生産している身としますと、正直けっこう大変な仕事にはなるのですが、でもお客様も私も一番楽しい仕事になることも間違い無いのがこの返礼品です。

 

きっと私も想像つかないようなデザインを持ち込まれるんだろうなあ、と思うとワクワクします。

 

ここでタイトルの悟空の話題がやっと出ましたね!

製作の仕事もそうですが、私にとっては初めてのクラウドファンディングでの資金調達も大きなチャレンジです。

私が利用するReadyforは、目標金額に1円でも足りなければ、頂いた支援金が1円も頂けなくなるシステムです。

まずは目標の25万円をクリアしなければ、私自身も、協力してくださってる作家さん達も、Readyfor株式会社さんも、支援を選んでくださったお客様も、全員に何も残らなくなってしまいます。

 

私が今までやって来た「日本の作家業界を稼げる仕事にする」支援が、間違っていなければ、きっとちゃんと達成されるものだと思っています。

もし達成できなかったら、今までの私も今の私も余程のアンポンタンだったんでしょう。

 

Hanaeちゃんが「クラウドファンディングの挑戦楽しみですね!」と言ってくれました。私も今となってはチャレンジを楽しめるようになりつつあります。

 

ちなみにReadyfor経由しての支援のやり方がよく分からない、めんどくさい、忙しい、でも支援はしてあげるという方には、3,000円一口として、3口以上で郡山市内なら私が回収…じゃなくて集金にお伺いし、代理購入させて頂きます。

あとは、7/30のプロジェクト終了日までに出店予定の東京の「マルシェ・ド・シャポーTOKYO展」福島県須賀川市おしゃれ劇場での「ワノコトマルシェ」その他どこかでちょうど直接お会いできた方は3,000円のご支援から承ります。

 

返礼品への愛が強すぎて一度に書く量じゃない量を投稿してしまいました。

こんな長文を最後まで読んで頂いた方は支援して下さる方達ですね、いつも本当にありがとうございます。

支援者さまも最後まで一緒に楽しんでいただけるチャレンジに必ずします。

 

明日からどうぞよろしくお願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/kittyuna